色のお勉強


色は、同じ絵の具でも使う人によってぜんぜん違う風に見えたりします。面白いですね。
色の特性は決まっているので知っていると色をたくさん使えて楽しいですよ。基本的な混色の効果について水彩絵の具で実験してみましょう。

SYUNくん(5才)が最初にやってみました。


色の3原色。混ざった色は何色になるかな?



みんなが色のお勉強したあとは、アトリエがこんなにカラフルになりました。



そして、同系色の微妙な差を意識して見ました。
「草原と森」「海と空」です。SYUNくんは「色の
お勉強」から発展させて絵にしてしまいました。
「アフリカの草原の動物たち」と「南の島」です。
「あー、南の島に行きたいナァ。」と思わず言って
しまった塾長でした。

そして、にじみの技法を使ってグラデーションで
色の遊びをしました。SYUNくんは「面白い!」と
はしゃいで描いていました。


青や緑の近い色で“色のお勉強”をしたあと、KAIRIくんやSAEちゃんも絵にしてみました。いかがですか?海を泳ぐカラフルな魚や山のふもとを走る新幹線など、面白い作品になりました。



色の使い方のヒントを感じてくれたかな?水彩絵の具の面白さをわかってくれたかな?
こういう時間も時々は必要だと思います。また、「色のお勉強」しましょうね。


お母さん・お父さんを描こう! へ