確実に“何か”を感じ取ったKIさんのデッサンは、大きく変身しました。“意識”が隅々にまで行き届いていてスキがなくなっています。
以前のように「なぜかこうなってしまう」といった気配はありません。確実に理解していると思います。完成です。
同じ曜日で同じ頃から始めたISOさんが“繊細”から“大胆”に変身したのに対して“大胆”から“繊細”に変身しつつあるKIさんの変貌ぶりがとても興味深いです。
KIさんの絵画的なセンスに繊細さが加わってきたことは大きな進展ですね。
何度も言いますが、KIさんの慎重な進行には目を見張るものがあります。もともと絵画的センスのあるKIさんですから、この慎重さがプラスされることで新たな展開が期待されます。
木炭の生っぽさが気になりますので、しっかり定着させながら進めてください。
前回の静物デッサンで苦戦した教訓を生かし、ジョルジョから今回と慎重に進めているのが手に取るようにわかります。ここまで慎重によく見て描いているKIさんが、確信を持ってつかみつつあるものが何なのか!今回の仕上がりと次回以降に期待です。

静物デッサンvol.2(KIさんの場合)



次回へ続く
静物デッサン vol.3(YOさんの場合) へ
塾長のデッサン へ