KIさん独特の“絵画的”描き込みは、ディテールを描いても相変わらず健在です。誰にもまねできません。今後、普段の生活の中でも「空間」を意識してモノを見る癖をつけるともっと良くなってきますよ。
完成です。
かなり調子の整理ができてきて、整ってきましたね。あとは、床を描きこむ事と胸の前の形をもう一度吟味してください。
いい感じになってきました。
調子の整理ができてきましたが、まだ、形が
曖昧です。奥行き、位置関係を意識して進めましょう
KIさんのこの「混沌」は誰にもまねのできない魅力だと思います。でもある意味で「両刃の刃」でもあります。混沌の魅力の裏には「終わりのない迷宮」が潜んでいます。KIさんが絵を描き続ける限り、結論の出ない悩ましい課題かもしれません。反対に、見る人をそういう気持にさせるKIさん特有の資質を感じざるを得ません。もっともっと悩んでください。
静物デッサンで何かをつかんだらしいKIさん。
ジョルジョの微妙な首の動きを慎重に追っています。今までのKIさんと大きく違うのは、「良く見て」「確認して」から手を動かしているということ。無駄な線や調子が激減しています。
このアプローチはいいことだと思います。
その調子。

聖ジョルジョ(KIさんの場合)



ジョルジョ+赤い布に挑戦(HAMさんの場合) へ
塾長のデッサン へ