完成です。
NOさんの粘り強さには脱帽です。
ここまで粘って完成までこぎつけたNOさんが得たものは大きいと思います。ずっと気にしていた赤い布はまだまだ向こうに行っていませんが、努力の跡は充分に感じます。2次元の画面に3次元の空間を描くことの不条理を感じながら、克服するために自分なりの方法を見つけ出す努力が、NOさんにとって禁断の扉を開く結果をもたらしたのかも知れませんね。
「あと一回やります。」 NOさんの粘り。
本当に粘り強いNOさんです。一つ一つ潰していくように問題を解決していきます。自分が納得いかないと先に進まない頑固さは、着実に自分のものにしていくことにつながると思いますから、自分のペースで階段を上ってください。
布は少し改善されましたが、もう一歩です。
最後、がんばって!
赤い布に変化が出てきましたね。どうにか調子を変えて向こうに行かせようという意思が感じられます。でも、残念ながらまだ行っていません。このトライが大事なんです。
次回、きっと何かが見つかるはずです。
がんばれ!
赤い布に変化がありませんね。怖くて手がつけられなくなることはよくありますが、直す気持がないと伸びませんよ。どうやっていいのかわからないのでしょうが、トライしてみることが大切です。きっと糸口が見つかりますよ。
木炭にもだいぶ慣れ自分のデッサンを着実に進めるようになってきたNOさん。まだ輪郭で追う部分がありますが、形にしていくことはすでにわかってきたように思います。
向こう側の肩にかかった赤い布が顔にくっついてしまっているところが気になります。次回は重点的にこの部分に取り組んでください。
形に対して慎重に取り組んでいるNOさん。
大きなプロポーションは体得できてきたようですが、微妙な形になってくると迷いがあるようです。図ることに頼りすぎると自分の目で判断することが弱まってしまいますから、あくまでも計測は自分の目のサポート程度に考えた方が良いと思います。徐々に正確になってきています。辛抱強く確認をしてください。
NOさんジョルジョに挑戦です。前回ブルータスでつかんだことを実践しようという気概が出ていますね。顔の角度などまだこれからですが、この段階まではこれで良いと思います。

ジョルジョと赤い布に挑戦(NOさんの場合)



次回へ続く
ジョルジョ+赤い布(KAさんの場合) へ
塾長のデッサン へ