塾長の(えらそうな)一言 集

このページは、私がツイッターでえらそうにつぶやいたことを集めています。
しかも、下手な英訳までつけて恥の上塗りをしていますので、見過ごしてください。

ハッシュタグは #jukucho です。


■"塾長の一言" は "塾長のえらそうな一言" にしようと思ったけど、文字数が少しでもほしいのでやめた。 
これからハッシュタグ付けたりしたいし。



●001 塾長の一言 『輪郭は弱いもの。時々際立つからカッコイイ!』 
"The outline is always invisible. Sometimes it will stand out, it's cool."

●002 塾長の一言 『水彩画ファンには偉そうな人がいないから好き。』
"I love watercolor painting, because watercolor fans are gentle and peaceful."

●003 塾長の一言 『水彩画と油画の価値に差はない。』
"The value of watercolor and oil painting is same. Only difference is length of spending time."

●004 塾長の一言 『人のいない街なんて。』
″I like to put the human figure into scenery."

●005 塾長の一言 『色試しの紙は、いつも必死に描いた自分の絵より美しい。』 言い訳あり
"The color testing paper is always more beautiful than own painting."

●006 塾長の一言 『筆は、穂先を下にして乾かすと格段に長持ちする。』 
"The tip of paint brushes are done below and dried, it will be long life." 

●007 塾長の一言 『人には″色派″と ″光派″がいる.』
"There are two types of people naturally. They are 'color-ist' and 'light-ist'."

●008 塾長の一言 『絵を描くということは、純白の画面を汚すこと。』 
"Painting picture means it makes pure white cambus dirty."

●009 塾長の一言 『学びの効率は、99% 学ぶ側の姿勢による。』
"The learning efficiency is depending on posture on the side learnt by 99%."

●010 塾長の一言 『子供はみんな絵が好き。いつから描かなくなるの。』
"All the children like painting. From when do they become not to do it?"

●011 塾長の一言 『何事も、いつから始めても遅いということはない。』
"When you wish to start something, it's never too late anytime."

●012 塾長の一言 『「うまいね」と言われているうちはプロではない。』
"If someone told me 'You have good technique', I'm not professional."

●013 塾長の一言 『雨の日は、ライトや信号が二倍になって三倍きれいだ。』
"I love rainy day, because tail lamps become two times. And its beauty becomes three times"

●014 塾長の一言 『風景の中の人物は、クロッキーや肖像とは別もの。』"
The human figure in landscapes are basically different from portraits."

●015 塾長の一言 『水彩画は結果が30分後に出る。待つことが大切。』 言い訳あり
"The result will come out in 30 min, so waiting is important for watercolor. "

●016 塾長の一言 『絵は自己責任。何をやっても誰も困らない。』
"Painting is own responsibility. No one is embarrassed no matter what you do."

●017 塾長の一言 『葉=緑? 陰=グレイ? 言葉は邪魔だ。』
"leaves = green? shade = gray? The word is obstructive."

●018 塾長の一言 『モチーフを写すだけでは不十分。モチーフから何を表現するか。』
"Just drawing motif is not enough. The important thing is to express something from motif."

●019 塾長の一言 『水彩画は紙(神)に近いところで描くといい。』
You should paint pigments on the paper as few layer as possible.("paper = god" in Japanese)

●020 塾長の一言 『wet in wet が水彩画の醍醐味。塗り絵じゃつまらない。』
"Wet on wet is charm of watercolor. Are you satisfied by a mere coloring paper?"

●021 塾長の一言 『光と影のない世界などありえない。』 
"If there were no lights and shadows, it means there is no world."

●022 塾長の一言 『構図に正解はない。それは作者の意図。』 
"There is no correct resolution about the composition. There is only the wish of artist."

●023 塾長の一言 『油画は一神教、水彩画は多神教。』
"The oil painting is like monotheism and the watercolor painting is like polytheism."

●024 塾長の一言 『男はチマチマ、女はザックリ。水彩画の話。』
"Sometimes, the female is more dynamic than the male, in the case of watercolor."

●025 塾長の一言 『塗り残し画法は、前向きな方法だ。』
"About watercolor painting, the negative painting method is the positive way."

●026 塾長の一言 『スライドは白い壁に映写する=陰がグレーじゃない理由』
"The shade is colorful same as white wall reflects color."

●027 塾長の一言 『高い道具を使えばいい絵が描けるわけではない。』
"Even if you have expensive tools, you can not paint attractive picture."

●028 塾長の一言 『理想は、情熱>技巧、創造>商い、個人>組織』
"The ideal is... Passion>Technique, Creation>Dealing, Individual>Organization."

●029 塾長の一言 『“教える”ということは、先生のスタイルを押しつけることではない。』
" 'Teaching' does not mean to compel teacher's way. "

●030塾長の一言 『 観た後で、世界が違って見えたらいい作品。』 
"If you can see new world after watching some works, they are doog works."

●031 塾長の一言 『作品を人目に曝すと、答えが見つかることが多い。』 
" When I show popular the work, the answer is often found."

●032 塾長の一言 『好きな事を懸命にするのは“努力”ではない。』
"If you do your favorite things to all-out, it's not effort but fun."

  ※ちなみに、私は“努力”という言葉が嫌いです。念のため。好きなら必死にやるのは当たり前。それは“努力”というのとは違う。
    結果的に人に言われてなんぼのもの、自分で言っておいて、しかもそれが目標になったら本末転倒も甚だしい。



●033 塾長の一言 『腕前(筆)は自然の力に敵わない。』
"Your own ability to lose the power of nature."

●034 塾長の一言 『いい絵とは、観た人の心のスイッチをONにする絵だ。』 
"I think that a good picture turns on the switch of viewers mind. "

●035 塾長の一言 『作品は娘のよう。良いところに嫁いでほしい。』
"The paintings are my daughter. I hope they'll be married with good partner."

●036 塾長の一言 『 水彩画はイメージを持って先を読みながら描く。』
"About watercolor, you must have imagination, and must guess about finish."

●037 塾長の一言 『水の多い色を何度重ねても鮮やかな色にはならない』 
言い訳あり
"If you paint and pile up with faint color, it will never become vivid color. "

●038 塾長の一言 『前半は水も絵具も多く。後半の水は少なめ。』
"First half paint it by pigment with much water, and latter half by thick pigment."

●039 塾長の一言 『陰にペインズグレイとインディゴだけは使わない。』
"I never use payne's gray and indigo in the shade part."

●040 塾長の一言 『どう描くかよりどう描かないか。』  言い訳あり
"More important thing is how not to draw than how to draw. "

●041 塾長の一言 『写し取るだけなら、絵より写真の方がうわ手。』
"If only copying, the photograph is better than the painting."

●042 塾長の一言 『「自然界に輪郭線という“線”はない。」ダ・ヴィンチ』
"There is not THE LINE which called OUTLINE in the nature world. L.Da vinci"

●043 塾長の一言 『水彩画は苦労=失敗。苦労するなら枚数で。』
"It will fail if you have a hard time, paint, and pile up one picture.
If you have a hard time anyway, it is necessary to draw a lot of number of sheets. "

●044 塾長の一言 『マスキングは、マスキングしたように見えないのがコツ』
"In masking, not seeming to have done masking is a knack. "

●045 塾長の一言 『文明の欠陥を補足するのが文化ではないのかな。』
"I think the culture has possibility repairing the defect of the civilization."

●046 塾長の一言 『絵の善し悪しは、多数決では決まらない。』
"The quality of the art work is not decided in the decision by majority. "

●047 塾長の一言 『質感は反射率で90%決まる』 言い訳あり
"The material feeling can be expressed 90% by the reflectivity."

●048 塾長の一言 『芸術は、勝負でも商売でも自己満足でもない。無欲。』
"The art is not competition, business or self-satisfaction. Nada is best. "

●049 塾長の一言 『透明水彩は、時間をかければいいってものじゃない。』
"In transparent watercolor, it is not good thing taking long time."

●050 塾長の一言 超私感 『水彩画は、度胸と我慢が肝』
The master said 'The private feeling "In the watercolor, courage and endurance are the most important" '

●051 塾長の一言 『桜は、花が先、枝は後。』 言い訳あり
"If you draw cherry blossoms, flower is ahead and trunk & branch are at the end." 

●052 塾長の一言 『師匠と同じ傾向の絵ばかりの展覧会はつまらない』
"The exhibition which display works painted by a similar style as the teacher are dull."

●053 塾長の一言 『陰(影)を描くことで、光が現れる。』 言い訳あり
"If you want to express the light, You should take account to drawing the shadow. " 

●054 塾長の一言 『デッサンとは、対象を知る最もいい方法。』 言い訳あり
"Dessin is the best way to understand the motif."

●056 塾長の一言 『たいてい、プロは見かけがプロらしくない。』
"Almost professional people don't seem to be a looks of professional."

●057 塾長の一言 『授業料がタダだとやがて生徒数は減るものだ。』
"If the tuition was free, before long the number of students decrease."

●058 塾長の一言 『透明水彩の混ぜ方は三つ。混色、重色、垂らし込み。』  言い訳あり
″In watercolor, the way to mix color is only three. Mix, layer, and wet on wet.″

●059 塾長の一言 『形は“芯”があれば“輪郭”はいらない。』
Giacometti inspires me. "If it had the axis, the body does not need the outline."

●060 塾長の一言 『絵は、大きさも形も無限に自由。』 
"The size and the shape of the picture are infinity and free."

●061 塾長の一言 『原発事故と水彩画は一度失敗すると取り返しがつかない。』
"If it failed, the nuclear power plant & the watercolor cannot do the perfect recovering. "

●062 塾長の一言 『水彩画では、悪い所を直すより、良い所を活かすべき。』
"In watercolor, make use of better things than repair the bad things."

●063 塾長の一言 『保守的な水彩画でさえパイオニアは、いつも異端。』
"Even as for the conservative watercolor, the pioneer is always heterodoxy."

●064 塾長の一言 『水彩画は書道に似て、修正できない。』
"You can't recover the mistake of watercolor, it's similar to Japanese calligraphy."

●065 塾長の一言 『絵の敵は、錯覚、先入観、思い込み。』
"The enemy of drawing is 'heteroptics', 'preconception' and 'blind belief'. "

●066 塾長の一言 『よく見えないとみたくなるものだ。だから、すべては描かない。』
"I want to see more by not seen easily. Therefor I don't paint all."

●067 塾長の一言 『水彩画は、先読みと段取りによって手数を減らすべき。』
"You may decrease the number of brush stroke by lookaheads & arrangements."

●068 塾長の一言 『アートとイラストの違いは、クライアントの有無だけである。』
"The difference between the art & the illustration is only the presence of client."

●069 塾長の一言 『芸術は心の"新しい核"を作ることができる。』
"The art can make "new clear" mind."

●070 塾長の一言 『余白がきれいに見えることが水彩画の極意』
"It is the secret of the watercolor painting that the blank looks beautiful."

●071 塾長の一言 『達人とは、何でもできる人はでなく、一芸に秀でた人のことである。』
"The expert is not the person who can do all, but the person excelling in one thing."

●072 塾長の一言 『理屈がわかっても、練習しなければ体得できない。』
"Even if you know rational way, you can't acquire it if you didn't practice. "

●073 塾長の一言 『絵は、いつも完成の一歩手前が一番良い』
"In the artworks the previous of completion is always the best."

●074 塾長の一言 『 明るいところ = 快晴。 陰の中 = 曇天。』
"The brihgt point is like fine day. The Shade point is like cloudy."

●075 塾長の一言 『服を着ていても、芸術家には裸が見える。』
"Even if you wear clothes, the artist can see your nakedness. "

●076 塾長の一言 『石膏デッサンは、初心者ほど自分の顔に似がち。』
"When the beginner draws the sculpture, it often looks like own face. ”

●077 塾長の一言 『一度描いた景色は、一生忘れない。』
"The scenery which drawn once is not forgotten through life."

●078 塾長の一言 『水彩画は、自然の力との共同作業。人がでしゃばってはいけない。』
"Watercolor is working with the forces of nature. People should not intrusively."

●079 塾長の一言 『デジタル化が進むほど、アナログの価値は高くなる。』
"The analog value becomes rise according to advance of the digitalization."

●080 塾長の一言 『子供のころの絵は、二度と描けない。』

"You cannot draw a second time the picture you drew in childhood. "

●081 塾長の一言 『絵に完成はない。いつでも途中。』 
"There is no completion in the picture. Always on the way."

●082 塾長の一言 『値段が高いからといって、いい絵とは限らない。』 
"It is not necessarily a good artwork because the price is high. "

●083 塾長の一言 『絵は技術より情熱で描くものだ。』
"Painting is passion rather than technique."

●084 塾長の一言 『曖昧な輪郭は水彩画の魅力。国境は?』 
"A vague outline is a charm of the watercolor. The border?"


●085 塾長の一言 『それを部屋に飾るつもりで観れば、絵の善し悪しはわかる。』
"If you look the painting in premise to display it in your room, you can notice about the its value more"


●086 塾長の一言 『絵はデッサンからという人は、デッサンコンプレックス。』
"The person who said painter must study dessin has inferiority of it".

●087 塾長の一言 『師を替えると、ゼロからの再出発になる。』 
"If you change your master you have to restart from zero."


●088 塾長の一言 『芸術家は変なやつが多いが、変なやつが芸術家とは限らない。』
"The artist is sometimes crazy, but the all of crazy people are not the artist."


●089 塾長の一言 『教わることより、学ぶことが大切。』
"The self learning is more important than to be taught."

●090 塾長の一言 『百冊の教本より、一回の実演。』
"One demonstration is better than 100 books."

●091 塾長の一言 『パースが苦手なら、建物は遠くから描けばいい。』
"If you aren't good at perspective drawing, you should draw a building from far away."

●092 塾長の一言 『 水彩画は合気道のようだ。(内海氏談) 』
My friend Mr.Utsumi said " Watercolor painting is like the aikido. "

●093 塾長の一言 『勢いがある絵と雑な絵は、全く別。』
"The momentum painting is different from the rough painting."

●094 塾長の一言 『教えている時、同時に学んでいる。』
"When I am teaching, I am learning at the same time."

●095
塾長の一言 『必要なら早く身に付く。イヤイヤやっても身につかない。』
"It is possible to learn fast , if you are faced with the need."

●096 塾長の一言 『絵に傾向と対策は、いらない。例え公募展でも。』
"In fine art , we should never consider the tendency and measures, even if competition."

●097 塾長の一言 『色が濁るのは、絵の具のせいじゃない。』
"Becoming turbid color is not result of the quality of pigment."

●098 塾長の一言 『どうせ失敗するなら、やり過ぎた方がいい。そして、忘れないこと。』
"If you fail it anyway, excessive is better. And don't forget it."
※原子力発電所は除く。Except the nuclear plant.

●099 塾長の一言 『水平線が目の高さと知らない人が多過ぎる。』 
"Very few people knows the horizon is the watcher's eye-level."

●100 塾長の一言 『絵描きにゴールがあるとすれば、それは死ぬ時。』
"If the painter would not paint, it's the time to die."

塾長の一言  2 *************************************************************

●101 塾長の一言 『その年齢ならではの絵が描きたい。』
"I'd like to paint the picture only of the age."

●102 塾長の一言 『アートと権威って、対極のはずなのに… なぜ?』 
"Though art and authority must be counter electrodes… Why…?"

●103 塾長の一言 『限界は、必ず自分が決めている。』
"Your limit is decided by your own absolutely."

●104 塾長の一言 『色は、周りの色で違う色に見える。人間関係も。』
"One color will be changed to another color according to ambient. Human relationship too."

●105 塾長の一言 『初心を忘れるのは未熟な証拠です。』 
"It is immature evidence, if you forget the original intention."

●106 塾長の一言 『講評会では、作品が並んだ時点で目的達成。』 
"In the comment meeting, when they are lined up the purpose is achieving already."

●107 塾長の一言 『モチーフのセッティングは、動機作りそのもの。』
"To set the motif is to make the motives exactly."

●108 塾長の一言 『良い先生は、簡単な言葉で説明する。』 
"A good teacher explains in easy words."

●109 塾長の一言 『輪郭線はぶつ切り。つながった線ではない。』
"The outline is chopping, it never one line."

●110 塾長の一言 『好きなことなら、「がんばる」とか「努力する」とか、わざわざ言う必要はない。』
"If you like to do it from yourself, need not say 'struggle' or 'make efforts' ".

●111 塾長の一言 『バックの色が決まらないと、陰の色は決まらない。』
"If the color of the background is not decided, can't decide shadow's color.

●112 塾長の一言 『ササッと描いた絵もジックリ描いた絵も、同価値。』 
"The simple painting or the precise painting, both are same value.".

●113 塾長の一言 『未完成の方が、完成作品よりいい。でも途中ではやめられない。』 
"Uncompleted artwork is better than complete one. But can not stop. "

●114 塾長の一言 『遠近法を知ったために描けなくなる絵もある。』
"There is a kind of picture that cannot be drawn because I knew perspective. "

●115 塾長の一言 『絵には正解がない。だから難しいし面白い。』
" There is no correct answer in painting. So it's difficult but attractive."

●116 塾長の一言 『プロは光の来る方向のバックを暗く描きます。』 
"The professional painter paints the background darker where light comes."

●117 塾長の一言 『当然ながら、作品の価値は時給換算できない。』 
" Obviously, the value of artwork cannot be rated by the hourly wage. "

●118 塾長の一言 『一筆にどれだけ意味を込められるかが最後には大きな違いになる。』 
"The information quantity injected by one time brush stroke is huge finally."

●119 塾長の一言 『不調は、成長のまえぶれ。』 
"The slump is a signal before the growth."

●120 塾長の一言 『「水彩画なんか簡単」というやつは信用できない。』  
"You should not trust the person who said 'a watercolor painting is easy.'"

●121 塾長の一言 『絵描きは「描かせてもらう」姿勢でなくては上達しない。』
"In case of artist, it will never make progress without the feeling to appreciate."

●122 塾長の一言 『作者の意図と鑑賞者の感動は一致しない。』 
"The intention of the author does not accord with the impression of viewers."

●123 塾長の一言 『“わかる”と“できる”は違う。』
"Knowing is different from performing."

●124 塾長の一言 『睡眠、食事は勿論大事。でも寝食忘れるものがないとね。』
"Not only sleeping & eating but also doing something forgetting them is important. "

●125 塾長の一言 『いい作品を作ることと“努力”の相関性はない。』 
"Between good artwork and 'effort' are no correlation."

●126 塾長の一言 『絵に“近道”はない。だから面白い!』 
"There is no shortcut for progress of painting. Therefore interesting! "

●127 塾長の一言 『自分が本当に見たい絵が描けたらいいな。』 
"I'd like to paint the picture which I want to watch by own."

●128 塾長の一言 『絵の先生の選び方。“描き方”より“見方”。』
"How to choose a painting teacher. The teacher who is teaching 'How to think' than 'How to paint'."

●129 塾長の一言 『絵の良さはうまい下手でなく、誇りを持って描いているか。』
"Good painting is whether painted with pride, the technique does not matter.

●130 塾長の一言 『絵に限らず何事も、やり過ぎて初めて限度がわかるものだ。』
"We can know the limits by doing too much."

●131 塾長の一言 『水彩画は、パレットの色を変えるだけで絵が変わる。』
"In watercolor, the picture depends on colors on the palette totally."

●132 塾長の一言 『私が偉そうに言えるのは、既に同じ失敗を経験しているから。』
"I can say certainly, because I have already experienced the same failure as you."

●133 塾長の一言 『サッカーに限らず、サポーターは力の源だ。』 
"Not only football, supporter is always a source of power. "

●134
塾長の一言 『偉そうなやつほど権威に弱い。』
"More bossy person is more weak against the authority."

●135_1 塾長の一言 『閃きは重要。でも、閃きだけでいい作品はできない。』
"If you depend on only inspiration, you can't make the good artwork."

135_2 塾長の一言 『経験値は重要。でも、経験値だけでいい作品はできない。』
"If you depend on only experience, you can't make the good artwork."

●136 塾長の一言 『絵の物差しは一本ではない。無限にある。』

"Ruler of art is not only one. There are infinite number."



塾長のツボ