CHIちゃんは屈託のない元気な女の子です。
丸い穴の開いた画用紙を渡されると、ちょっと悩んで「恐竜にする!」と、絶妙な位置に目を描き始めました。ユーモラスな恐竜の顔ができると、長い首を描き構図的にも面白い展開です。バックのサーモン系の赤も効いてますね。
元気なERIちゃんはアイデア賞です。平和な海の中が、タコが怒り出してたいへんなことになったようです。タコは子供の魚に墨を吹きかけてしまいました。近くにいた魚のお父さんとお母さんは涙を流して心配しています。
この後はどうなったのかなぁ?
SAYAちゃんは本当に女の子らしい発想です。
ウサギのおうちがかわいいじゅうたんの上においてあります。ウサギは親子ですね。SAYAちゃんの絵にはいつも“やさしいお母さん”が登場します。今回はウサギのお母さんでした。
今度はお父さんも登場するかな?
KAIRIくんは、宇宙を想像しました。真ん中の星たちに隠れていたのは地球。太陽、月はもちろん、火星、水星、木星、金星、土星と一週間をそろえました。スケールの大きいころを考えたねぇ!
SYUNくんはいろいろなアイデアを持っています。この穴を見ただけで5つのアイデアが次々に浮かんできて、1つに絞るのに悩んでしまうほどです。面白いアイデア(例えば東京ドーム、フライパンなど)の中からSHUN君が決めたのはトイレですが、ただのトイレではありません。
ふたを開けたら・・・。なんと、大きな笑っているウンチ! そして、開けたふたは実は顔になっていて、おなかのところでウンチが笑っているという仕掛け。うーん、すごい!
MAYUちゃんは体験講習です。真ん中の丸は鳥の巣。ちいさい鳥はお母さん鳥を待っています。この巣は左側の女の子が作りました。
地面には落書きがいっぱいです。空には虹。そして、鳥の巣には屋根がついていて、鍵がかけられるようになっています。
色がきれいですね。今度は画面全部に色を塗ってみましょうね。
YUくんはこの不思議な穴を見たとたん「カバだー」と言うとすぐ制作に取りかかりました。ハッキリとしたイメージが浮かんだようです。巨大なカバがワニを食べる瞬間です。左下にはカバを捕まえようとして逆にやられてしまったインディアン。他のインディアンが左から矢を放ちました。この死闘の結果は?
さすが5年生のTANちゃん。夏の思い出でしょうか? 森の中の大きな木にカブトムシやクワガタが集まっています。その真ん中にはカマキリの巣が。中には大きなカマキリがいました。
昆虫の特徴を細かく描いていて、図鑑のように正確です。
おなじみSAEちゃんも海の中。たこやかにが楽しく遊んでいるところに大きな魚やってきて口を「がおー」とあけてみんな食べてしまいそうです。逃げろー。
今日始めてのRYOくんはまだ5才。最初は少し遠慮気味だったけど、海の生物を全部正しい名前を言いながら描いていきました。そして、タコの下にはホオジロザメの大きな口が・・・。

不思議な穴の場合

丸い穴のあいたB3の画用紙を前に、みんな少し戸惑い気味でした。でも、結果はこの通り。面白い作品が目白押し。こどもはみんな天才だナァ!











よーく見て描こう! へ