Jくんの考える未来は、地球に住めなくなった人たちが、家ごと、ビルごと宇宙に逃げているそうです。横浜画塾も宇宙に逃げているようです。でも・・・、隕石が横浜画塾めがけて落ちてきています・・・・・・。
ERIちゃんはお姫様です。お城で白馬に乗った王子様を待っています。そして、ついに白馬の王子様が現れたのです。「ロミオとジュリエット」のような素敵なシーンですね。
全体にとてもていねいに仕上げていて、とてもロマンチックな絵になりましたね。
KAIRIくんは、2020年にはUFOがたくさん襲ってきて地上に向けてビームを発しているのだそうです。右上にはオーロラも出て、地球はもう大混乱。いい宇宙人が乗っているといいんですが。
SAYAちゃんは2020年に花の咲く山の中の湖に浮かぶ小島の教会で結婚式を挙げているそうです。きれいな湖に山々が映り、教会には山から飛んできた花びらが・・・。
山も空も湖もいろいろな色を使って複雑な色を出しています。
これを見たお父さんは、一瞬さびしげな表情をしたように塾長は思いました。
SAYAちゃん、KAIRIくん、ERIちゃんの土曜日3人組は、それぞれに刺激しあって個性的です。今回は、3人とも気合が入っていて、ていねいに描いています。
SYUNくんは、2020年にはみんな“仮面ライダー”になっているんだそうです。良く見ると細部まで良く描いてあります。サボテンやパン屋さんやホテルもあって、仮面ライダーたちも普通に生活しています。SYUNくんは、ずーっと仮面ライダーではいたくないそうです。
SYUNくんの描写力と画面構成はすばらしいです。「たまには、こういうのもいいかな?」塾長
SAEちゃんは、2020年に歌手になっているようです。大きなマイクを持って歌っています。
バックに鮮やかなオレンジ色を配しています。
とても華やかな雰囲気が出ていますね。
SAEちゃんはいつも元気で、勢い良く絵具を重ねていきます。チューブかたくさん押し出して、どんどん塗っていきます。ちょっともったいないくらい・・・。
RYOくんは今5才。「2020年には22歳になっている」と聞くと恐竜が「いっぱいいるんだよ」と言って描き始めました。あるところまで行くと「ぼく疲れた」と止めてしまいました。だるそうなのでおでこに触ってみると熱があるようです。
みなさん風邪には気をつけましょうね。
RYOくんお大事に。早く元気になってね。
YUくんが想像する2020年は、モンスターに破壊されてしまった都会です。街はモンスターたちに占領されてビルは倒れ大混乱です。YUくんは、自分もモンスターになって暴れています。
色を混ぜながら重ねていったので、とても大人っぽい色調になっています。1年生が描いた絵とは思えない、複雑な重なりが混乱した都会を良く表現していますね。
RYUくんも野球が得意。2020年には27歳になっていて、メジャーリーグでMVPに選ばれたところです。サンフランシスコ・ジャイアンツもユニフォームが新しくなって未来的な感じですね。画面の周りには賞賛の拍手を送る観客の手がたくさん見えますね。
TANちゃんの2020年は、大好きな野球でプロになってファインプレーをしているところです。
みんな必死になってボールを捕ろうとしている様子が出ていますよね。
がんばればきっと夢は叶うよ。
WATAくんは2020年の排気ガス公害を心配しています。火を噴く車がはき出す排気ガスが茶色い雲になって緑の草原を覆っている様子です。その光景をWATAくんが飼っている亀が笑って見ています。亀の家にはエレベーターもあって屋上にはプールもあります。
なんだか大人も考えてしまいますよね。

未来2020を想像しよう!

今回は、今年が“鉄腕アトム”の生まれた年でもあるので、「17年後の2020年を想像してみよう」ということでチャレンジです。自分のこと、近所のこと、世界のこと・・・なんでもいいから17年後を考えてみたら、こんな絵になりました。



「よーく見て作ろう」 へ