水彩画コース

参照
第5回 横浜画塾展 WEB GALLERY






水彩画コースでは、手軽でありながら奥の深い透明水彩絵具を使った着彩画や淡彩画を通して、静物・人物・風景を描いていきます。光と色の関係、空間把握、質感などを「色の重なり」に注意しながら、計画的(水彩画ではとても重要です。)に描写することによって、光と風を描きましょう。

透明水彩は光と空気感を表すのに優れた絵具です。ただ、あまり色を重ねすぎたり、混ぜすぎると濁ってしまい水彩画らしい清涼感が失われてしまいますから、計画性が大切になってくるわけです。

※グァッシュやアクリル絵具などを試してみたい方にも対応します。お気軽にご相談ください。

例えば、陶芸をされていて絵付けに興味のある方、水墨画をたしなむ方、年賀状や暑中見舞いに自筆の絵を添えたい方、絵日記をつけようと思っている方・・・水彩画は小学校の図工でも採用している手軽な画材・手法です。ですから、初めての方でも簡単に始めることができます。
一度試してみませんか?


「塾長の近作」へ


水彩画に必要なもの  約8000円〜10000円で揃います。

透明水彩基本色セット(最低でも24色セット以上のものを揃えましょう。ホルベインで充分です。)
(最初は16~18号1本と10~12号1本でいいと思います。一生モノですから良いものを。)
水彩画用紙(水彩画は中性紙を使います。キャンソン、ワトソンなどが一般的。)
水彩パレット(絵の具を溶く道具です。アルミ製かスチール製の24〜30仕切りが最適)
筆洗バケツ(中がいくつかに分かれているものが便利でしょう。屋外には携帯用も売っています。)

※水張り用具一式。
ミューズテープ
水張り刷毛(25号)
バケツ


鉛筆デッサン用具一式


水彩画展示室
受講料
時間割

お問合わせは、こちらまで。
注意!フリーメールは自動的に削除されます。  The free email is automatically deleted
045-942-7331